工事現場での人材育成方法

役立つ人間を育てよう

最初に伝えておくこと

この現場では何をするのか、しっかり仕事内容を説明することが大事です。
よくわからないまま作業を行っても、新人は理解できません。
それでは知識もスキルも伸びないので、教育に繋がらないと覚えておきましょう。
新しく仕事を始める時は、常に具体的に説明することを心がけましょう。
また新人に今すぐ覚える知識と、後からゆっくり覚えていけば良い知識を説明してください。
どの現場でも使う知識を早めに覚えさせると、どんな仕事でも任せられるようになります。

キャリアプランを一緒に考えることも、教育に繋がります。
ずっと工事現場業界で働きたいと思っている新人には、おすすめの資格を紹介してください。
資格があることのメリットや、どのような資格があれば何の仕事ができるのかわかりやすく伝えると、新人もさらにやる気が出ます。
新人から質問されたら、快く応じてください。
説明を聞いてもわからず何度も聞かれるかもしれませんが、毎回丁寧に答えましょう。

定期的に研修会を開いて、勉強させる機会を用意するのも良い方法です。
するとある程度の知識を持った状態で現場に出られるので、すぐに仕事を任せることができます。
研修会では動画などを使うと、新人でも仕事内容を理解しやすいです。
しかし長々とこちらが喋っているだけでは、参加している新人たちが飽きてしまいます。
説明を聞いてもらえなくなるかもしれないので休憩を挟んだり、クイズなど楽しく学べる方法を導入しましょう。

工事現場で必要なスキル

新人は現場で何をすれば良いのか、まったくわかっていない状態です。 ですから、こちらから積極的に教えてあげてください。 そのように教育すれば次第に現場でのやるべきことを理解して、進んで作業に向かってくれると思います。 そうなるように、新人を教育しましょう。

一緒に考えてあげよう

新人はキャリアプランで迷ったり、悩んだりしているかもしれません。 そのような時は、快く相談に応じてあげてください。 自分の経験が、新人を育成する時に使えるかもしれません。 また何度質問されても、笑顔で対応することが大切です。 面倒に対応すると、新人からの信頼を失います。

思い切り勉強できる場を作ろう

現場に出ることも重要ですが、前もって基本的な知識を覚えさせることも大切だと理解してください。 そこで研修会などを開いて、積極的に勉強できる場所をこちらから提供しましょう。 研修会なら一度に複数の新人に説明できますし、質疑応答もしやすいのでおすすめです。