工事現場での人材育成方法

役立つ人間を育てよう

工事現場で必要なスキル

このコラムをシェアする

新人の可能性を伸ばそう

働き始めたばかりの新人は、まだわからないことが多いです。
いきなり現場に出されても、不安でいっぱいでしょう。
不安を解消してあげられるように、仕事内容を伝えてください。
さらにこの仕事をすることで、社会の何に役立っているのかも説明することをおすすめします。
目的がハッキリとすれば、新人もそれに貢献したいとやる気を出してくれるかもしれません。

何も教えないとずっと新人はわからないままで、最終的には自分に工事現場の仕事は向いていないと思ってしまう可能性があります。
早期退職する原因になるので、常に行っている作業を説明する意識を持ってください。
新人の頃からきちんと教育することで、将来はどの現場でも活躍できる人材になります。

基本から教えよう

早く身に付けるべき知識と、後からゆっくり覚えても良い知識があると思います。
新人を教育する時は、早く身に付けるべき知識を優先して教えてください。
基本を理解することで、どこの現場に出ても作業を円滑に進めることができます。
特に専門用語などは、早めに覚えさせましょう。
それをわかっていないとせっかく説明を受けても理解できず、何度も教わる羽目になり効率が悪いです。

応用した知識は、基本をわかっていないと理解できないので順番を守ってください。
ただ一度に、複数の知識を新人に伝えることは控えましょう。
一度にたくさんのことを言われても、新人は全てを覚えられません。
こまめに教えることが、教育を成功させることに繋がります。